2017年ハイキング&観光


5月2日 (火)  リトルワールド
愛知県犬山市にある、世界の家と暮らしをテーマとした野外民族学博物館
 5月4日(木)         モネの池
 岐阜県関市板取 モネの絵画「睡蓮」を想起させる観光スポット
  5月28日〜30日
 (日〜火) 
兄弟・姉妹旅行 新潟県十日町市あてま高原
兄弟5人そのパートナー4人参加を計画していたが、静岡の弟夫婦が仕事のため欠席7人の参加となった。 
6月15日(木)〜16日(金) 友人との箱根旅行 4名参加

小田原から2日間有効のフリーパスで観光 


5月2日(火)   行程  名鉄線  刈谷市→知立→犬山→
バス→リトルワールド
  上天気  7〜8年前元気だった主人と主人の兄弟夫妻2組と共に
明治村・リトルワールドを回り
犬山ホテルに一泊した思い出のがよぎる。
上天気に恵まれ、2キロ半の行程を回る。中学・高校生の遠足と一緒になり。売店食事処はどこもいっぱい。
     クリスマスローズが満開
 

5月4日(木)   
刈谷の我が家から8時 娘・ 孫と三人で マイカーで出発10時到着 
 連休のため渋滞が予想されたが思ったよりスムーズに到着 関市板取の根道神社参道脇にある貯水池で 近年 モネの睡蓮の池に似ているというので人気が出て観光地になった様子 駐車場も各所にあり待たされることもなかった。まだまだ観光地化されておらず自然の農道を歩き目的地へ。多くのコイが泳ぎ水も透明度あり。本場のモネの庭 睡蓮の池に比べ小規模だが橋から池を見てかつてモネの庭を訪れた時の感激を思い出した。池の周りは写真を撮る人が多くみられたがそれほどの混雑もなく快適な観光だった。隣接している花の売店に立ち寄る。孫をパチリ いつか本場に一緒に行きたいな〜 温室には季節ごとの池の写真が展示されていて興味深かった。
        

5月28日  刈谷市駅6時19分出発→三河安城→浜松→東京駅 9時15分着 
東京八重洲口からベルナティオ直行バスで ほぼ4時間弱
妹夫妻2組 私 計5人 兄夫妻は新幹線で出発 越後湯沢から送迎バスで
 
ホテルで集合 
 出発は日曜日のためラッシュにも合わず昨日までぐずついたお天気も上がり快晴 主人を亡くしてから初めての兄弟旅行。後期高齢者が4人 何時まで元気に集合できるかと思う。長い距離バスに揺られたので早速 温泉で疲れをいやす。
昼食に名物へぎそばを食べる。
   29日  妹夫妻 兄はゴルフ 後の4人はホテルで企画されているバラ園 (越後丘陵公園)山菜取りに参加 ホテルで季節に合わせいろいろな企画あり。ホテル発着
ワンコインで午前中バラ園 午後からワラビ採り バラ園までバスで小一時間かかり目的地へ。何種類ものバラが満開で咲き乱れ良い香りを放っていた。
午後からのワラビ採りは 20分くらいの時間で驚くほどの収穫 
ホテル周辺にはフキ・いたどりなど自然の宝庫
       
   30日  皆は新緑トレッキング 私は帰りの体力維持のためホテルで休憩 ホテル周辺を散策  山の景色は、まほろば会で登山を楽しんだ頃の思い出がよみがえる。みんな元気だったなー
     

 

6月15日(木) 
  
  16日(金)             
湯本散策 北原おもちゃミュージアム
エクシブ泊 

箱根関所
湯本散策
 高校時時代の友人3名 (東京・町田・静岡) 私が愛知から 計4名参加  
箱根旅行を計画 東京の友人がプランを立ててくれる。 梅雨時なのに好天気に恵まれ気温上昇 静岡の友人と私は新幹線で乗り合わせ小田原で2日間のフリーパスを購入 この時期 箱根初夏の風物詩アジサイの咲き乱れる風景を期待したが時期的に少し早くアジサイはちらほら開花の状態 湯本駅で11時過ぎに4名集合 丁度お昼時になり 行列のできる店という蕎麦屋「はつ花」で昼食 30分ほど並びとろろそばを食べる。なるほど美味。
 共に過ごした時代にタイムスリップし懐かしく話が弾む。それぞれが箱根の観光地にはなじみがあり、今回は湯本駅から近い北原おもちゃミュージアムへ行くことにする。ここは初めてだった。北原照久氏が40年にわたり集めた玩具が展示されていた。私たちが子供のころ親しんだセルロイドやブリキのおもちゃが並び懐かしかった。その後 宿泊先エクシブに直行 温泉につかり疲れをいやす。ディナーは中国料理「翠陽」でとても美味しかった。
 翌日ホテル前のバス停 宮ノ下から桃源台港へ 箱根町港下船 関所散策 バスの中 船の中は外国人観光客が多かった。関所は依然観光した時より新しくなりボランティアの説明もあり回路も示され分かりやすかった。 
湯本に戻り「ちもと」でお土産を購入 次回秋の観光を約しそれぞれの帰途へ